スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



チケットは会社まで

今日、社保庁からものものしい封筒が届いていた。
黄色い封筒にはあなたらしいものである可能性が高い記録が見つかりましたとか
ワケの分からない文面。なんじゃこりゃ

中を確認すると平成1年から平成4年まで働いてた記録が記されてる。
確かにその時期働いてた。
その会社は平成4年に倒産。
その後そのまま適当な人生を送ってきたので
そこで働いてたのは私の中ではすっかりなかったことになってたのに。

会社名と住所が空欄で、埋めよとのこと。
んなことそっちで調べられないのかとも思うが
もしかして試してんのか?

会社名はともかく会社の住所の記憶がどうもあやふや。

そこでひらめいたのだが、
当時コンサート行ったときのチケットを
たしか会社に送らせてたハズ!

そう思ってさっそく押し入れをひっくりかえす。

コンサートのチケットはオケの事務所、
もしくはホールから送らせることにしている。
次のコンサートの案内などが入ってたりしてなかなかに楽しいお手紙なのだ。

今はチケットぴあならファミマで引き換えできて
これはこれで便利だが
やっぱりちょっと味気ない。

だからチケットは送らせることにしている。
しかも会社に。
女子社員に「あら○○さん、クラシックなんて聴くの?良いご趣味ね」なんてな。
言われたこたあない。

で、押し入れをひっくり返したが
結局、平成5年以降のチケットと封筒しか出てこなかった。
そうか、会社が倒産してうやむやのうちに
何かいろんなもん捨てたような気がする。

懐かしいなあなんてしばし時も忘れてタイムスリップ。
つったってたかだか15年前なんだけどね。

昔も今も不況だなんだって変わりゃしない。
行動パターンも趣味も何も変わらない。
関連記事



コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://maestrou.blog56.fc2.com/tb.php/120-9002726c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 iTunes Store(Japan)


amadana(アマダナ)



UNIVERSAL MUSIC STORE(ユニバーサルミュージックストア)
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。